【STAFF BLOG】バレエ、ダンスを教えるためにもらったアドバイスとは

私は7年間、色んなダンスのスタイル学び、子供たちにバレエ、ダンス、ダンスエクササイズの教え方も学びました。

もちろんいまは教えている期間のほうがながくなり、現在に至るまでも、いろんなことをYTJメンバーからたくさん学んでいます。ただ、先生として経験で学びながらも、これまで先生たちからもらったアドバイス、学んだポイントはいまも大事にしています。

良く覚えている先生の言葉は、
「子供は背中をきれい伸ばせる、膝も伸ばせる、つま先をきれいに伸ばせないことにはダンサーになれません」。

全てクラスのウォーミングアップの時に、フォローエクササイズで膝、つま先、背中の筋肉を感じる、伸ばしたら筋肉キップできるように教えてます。教えてる時にYTJメンバーにその3つ合わせて伝えるのは、じつは、結構難しいです。

良いダンサーになるためにもちろん他のポイントは、
「リズム、ストレッチ、、、いろいろ他にも大事な事あります!」

エクササイズの正しいやり方に教えるのは大事だと思っています。
今日はせっかくなので、少しご紹介します。

・床に座って、足伸ばして、ポイントーフレックスやります。ポイントは足のポジション。足のお親指は膝とヒップと同じ位置(線上)になってるか大事です。

・上記したポジションと同じで、
背骨をヒップから頭のてっぺんまできちんとまっすぐに伸ばして、キップしながらポイントーフレックスやります。
 4×8くらいで一度体の筋肉リラックスします。

・クロスフォロエクササイズ時、背中きちんと伸ばして、筋肉上がって伸ばすと、もっと上手に、きれいにできます。

などなど。

それから、バレエ。

バレエエクササイズは各エクササイズに役立っています。
やり方によってメンバーのスキルの成長に繋がるか繋がらないか変わってくるのでとても重要です。

バレエエクササイズは素晴らしくて、体のあまり良くないポイント(例えば:姿勢だけではなく、X足形、0足形でも)きれいなおしてくれます。

ですが、もし正しくないやり方でやってると成長がありません、体の負担にもなることもあります。
子供たちはスポンジのように吸収して、学びますので、教え方に気をつけることを、いつも心がけています。

以上です。

最後まで読みいただきまして、ありがとうございました。


=========

滋賀シアターアーツトレーニングセンターは、国内で唯一の、ダンス・演劇専用の合宿施設です。
大型リハーサルスタジオには大型空調・鏡・音響・バレエバーを完備しており、自然の真ん中でのクリエーションは、洗練された作品作りにぴったりの環境を整えています!

素敵な作品づくりの場として皆さまの活動に関われることを楽しみにしています。
ご予約はこちらから

=========

滋賀シアターアーツトレーニングセンタースタッフ ナタリア