【STAFF BLOG】コロナ禍のなかで

英語のインフォーメーション(Information)
と、パンデミック(Pandemic)を
組み合わせた造語
「インフォデミック」
という言葉を知りました

新型コロナウイルス感染症に関して
ウィルスの実害よりも、
メディアが煽った恐怖心や
情報の暴走によって
人々が過剰反応することによる
「社会的同調圧」が
物事を深刻化させるという指摘です

各主要都市に緊急事態宣言が出され
緊張感を持たなければならない毎日
であり、新興の感染症には
慎重な対応が必要であることも
よく理解しますが
それでも決して誤解のないように
申しあげれば、私には、どうにも
無駄であり、また異常としか思えない
人々の「過剰反応」が、どんどん激しく
なっているように感じてしまいます

未知のウイルスであった新型コロナ
ウイルスも、次第に研究解明が進み
最近では、納得感のある専門家の意見も
多くみられるようになりました

突然変異によって、いままでとは異なる
猛毒株が出現する可能性はあり
感染防止対策の強化は必要と感じますが
私は、2類指定感染症からの除外を提言
する一部の専門家の少数意見に賛成です

今は、本来の人との距離、人間関係が、
正常な状態とはいえない「異常事態」
であり、感染症の拡大防止対策を
ほかのみんなと同じ意識で
おこなわない「非常識」な者は
異端者以外の何者でもありません

同調しない者を許さないというような
極端な世の中の空気に支配された
息苦しさの蔓延する日常となってゆく
ことは、警戒すべきであると思います

これまでのような文化活動や経済活動を
送れる、豊かな日常を一刻も早く取り
戻すためにも、情報をよく学び、事実を
探り、冷静な判断で適切な社会協調行動
がとれるように、いつでも心がけてゆきたいと思います

運営スタッフ
松本 2021.1.21